スペイン・バルセロナ 

  スペイン バルセロナ 到着

 


 

 <動機>
  初めて一人で行った海外旅行は、スペインのバルセロナ。
  なんせ、満足に休みも取れない超多忙なサラリーマン生活を送っていたもんで、
  無理やり一週間の休暇を取っての海外旅行。
  片道12時間はかかるヨーロッパに行くツアーは最短8日程度のプランしかなくて。
  それじゃー帰って来れないじゃん、という単純な理由でフリープランへ。
 
  なぜスペイン、なぜバルセロナだったのかといえば、答えは簡単。
  「ガウディの建築物がみたかったから。」
  時差の関係で往路1日、復路2日はかかるヨーロッパ、
  6日間のプランでは3日しか現地にいられない。
  当然マドリードも、バルセロナも、なんてムリ。
  一コだけなら、断然バルセロナ。
  
  世界中に有名な美術館はごまんとあり、有名な絵はたくさんあるけど。
  実ははるばる海外までいかなくったって、東京にいればかなりの数が見れる。
  せっかく海外旅行で有名美術館に行ったのに、東京に貸し出し中だった、
  なんて話もあるほど。
  でも絶対に、ここでしかみれないもの。
  それが見たかったから。
  
 



 
 
 
 <昼まで気づかなかった>
  スペインまでの直行便はなかったから、イギリスのヒースロー空港で乗り換えた。
  それまで機内放送なんてあんまり聞いてもいなかったんだけど。
  結構重要だったんだって気づかされた。
   
  日本発イギリス行きの便は、機内放送は日本語と英語。
  イギリス発スペイン行きの便は当然、英語とスペイン語。
  「すぺいんごぉ???」
  スペイン語でほにゃらかほにゃらか言われてもね。。。
  というわけで英語の機内放送を聞こうとしたが、、、
  ま、私のヒアリング力ではさっぱり。
  最初に風速がうんたら、天気がうんたらっていってるような気はしたけど、
  それは日本語放送のときと同じ順番だからわかっただけ。
  
  ま、いいやと開き直って現地到着。
  次の日に両替に銀行に行こうとしたら、閉まってて。
  2時までってガイドブックに書いてあるよなぁ、と思って広場の時計を見てびっくり。
  3時だった。
  私の時計は2時なのに。。。
  ヒースローについたときに時計を現地時間に合わせたけど、イギリスとスペインで
  時差があったとはね、、、機内放送おそるべし。(って当たり前か)
  
 



 ↑これはガウディの設計したカサ・ミラです。

 
 <電気つかないよ>
  ちょっとさかのぼってバルセロナ到着、ホテルに入ったとき。
  現地係員さんがチェックインしてくれたから、安心して部屋に入ったんだけど。
  部屋の電気のスイッチが無い。
  だいたい日本でも旅行に行かないし、ホテルなんて使ってないから仕組みが
  わからず。
   
  仕方がないのでフロントまで行って(電話なんてもってのほか。ボディランゲージ
  つかえないし)、ガイドブックで一生懸命調べて。
  “The light doesn't work.”(電気こわれてるよ)といってみた。
  そしたらフロントの方は笑って、
  そのカードキーを入り口の近くに挿してください、だと。
  あ、これは日本語じゃなくて、なんていったのか英語では思い出せないけど、
  そういってた。
  
  部屋に戻るとたしかにそれらしいあやしげなプラスチックの物体があって。
  カードキーを入れると電気がついた。
  「はぁ〜」
  この程度の英語力で出てくる自分も自分だが、とりあえず何とかなったので
  ちょっと満足。
  1時間ずれてるのに気づかないまま、とっとと寝た。
  
  



 <チャレンジ ヨーロッパ編>  <バタバタ アメリカ編>
 <その他>



 <リンク集>
    スペイン・T
    スペイン・U
    イタリア・T
    イタリア・U
    ヨーロッパ
 <リンク集>
     ハワイ・グアム・南の島
     ダイビング・マリンスポーツ
     マリンスポーツ・その他
     海外旅行記・T
     海外旅行記・U
     海外旅行記・V
     海外旅行記・W
       
 <リンク集>
     海外旅行一般情報
     子連れ旅行
     国内お出かけ・T
     国内お出かけ・U
     相互リンク集
     相互リンク集2



                                         
Copyright(C)  hirorin All Rights Reserved